Love Is a Many-Splendored Thing (1955) / 慕情

『慕情』(ぼじょう、原題: Love Is a Many-Splendored Thing)は、1955年に公開されたアメリカ合衆国の映画。ベルギー人と中国人の血を引くハン・スーインの自伝をもとに映画化された。サミー・フェイン作曲による主題歌は映画音楽史上の名作と言われる。第28回アカデミー賞歌曲賞受賞作品。

 ・ amazon : Love Is a Many-Splendored Thing (1955) / 慕情

Love Is a Many-Splendored Thing (1955) / 慕情のあらすじ

第二次大戦終了後のイギリスの植民地の香港で、ヒロインのハン・スーイン(ジェニファー・ジョーンズ)は勤務医をしている。夫は中国国民党の将校で国共内戦で戦死していた。そこで、アメリカ人の特派員マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)と知り合い、二人は恋に落ちる。しかしエリオットは別居中の妻がシンガポールにおり、離婚の話し合いのためシンガポールへ行くがうまくいかず、二人の関係は香港で噂となる。

間もなく中国大陸の殆どの地域は国共内戦の末に中国共産党率いる中華人民共和国が支配するようになり、ハン・スーインは中国大陸へ戻るよう説得されるが、ほどなく朝鮮戦争が起こり、エリオットは派遣され、そこで戦死する。

関連記事

  1. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  2. East of Eden (1955) / エデンの東

  3. An Officer and a Gentleman : 愛と青春の旅だち (1982)

  4. Ghost (1990) / ゴースト/ニューヨークの幻

  5. The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

  6. The Graduate : 卒業 (1967)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。