Roman Holiday (1953) / ローマの休日

『ローマの休日』(Roman Holiday)は、1953年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラーが製作・監督した。イタリアのローマを表敬訪問した某国の王女と、彼女が滞在先から飛び出し一人でローマ市内に出て知り合った新聞記者との、切ない24時間の恋を描いている。トレビの泉や真実の口など、ローマの名だたる観光スポットを登場させていることでも有名である。

新聞記者をグレゴリー・ペック、王女をオードリー・ヘプバーンが演じている。当時新人だったヘプバーンは、本作により1953年のアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞している。

・ amazon : Roman Holiday (1953) / ローマの休日

・ amazon prime : Roman Holiday (1953) / ローマの休日

・ youtube : Roman Holiday (1953) / ローマの休日

・ Hulu : Roman Holiday (1953) / ローマの休日

Roman Holiday (1953) / ローマの休日のあらすじ

ヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)は、ヨーロッパ各国を表敬訪問中であった。最後の滞在国であるイタリアのローマで、過密なスケジュール、疲労感と自由のない生活への不満により、ついにアンはヒステリーを起こしてしまう。

その夜、密かに城を抜けだした王女は、直前に打たれていた鎮静剤のせいで、無防備にも路傍のベンチでうとうとし始める。そこに通りかかったのが、アメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)だった。見かねて介抱するうち、いつの間にか王女はジョーのアパートまでついて来てしまう。眠くて仕方のない王女は、詩を朗読して寝てしまう。

翌日の昼になって、彼女の素性に気づいたジョーは、王女の秘密のローマ体験という大スクープをものにしようと、職業を偽り、友人のカメラマンであるアーヴィング(エディ・アルバート)の助けを得て、どうにか王女を連れ歩くことに成功する。

アンは、市場での散策を楽しむ。まずサンダルを買い、美容院で髪の毛を短くし、スペイン広場でジェラートを食べる。その後ジョーとベスパに2人乗りしてローマ市内を廻り、真実の口を訪れ、サンタンジェロ城前のテヴェレ川でのダンスパーティーに参加する。その様子をアーヴィングが次々とスクープ写真を撮っていくうち、永遠の都・ローマで、自由と休日を活き活きと満喫するアン王女と新聞記者のジョーの男女仲は、次第に近づいていくのだった。

関連記事

  1. The Way We Were : 追憶 (1973)

  2. The Purple Rose of Cairo (1985) / カイロの紫のバラ

  3. An Officer and a Gentleman : 愛と青春の旅だち (1982)

  4. East of Eden (1955) / エデンの東

  5. Ghost (1990) / ゴースト/ニューヨークの幻

  6. Love Story : ある愛の詩 (1970)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。