Amadeus : アマデウス (1984)

『アマデウス』(Amadeus)は、1984年に制作された映画。ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化である。F・マーリー・エイブラハム演じるアントニオ・サリエリを中心として、トム・ハルス演じるヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの物語を描く。


映画版『アマデウス』は、アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイクアップ賞、音響賞の8部門を受賞した。ほかにも英国アカデミー賞4部門、ゴールデングローブ賞4部門、ロサンゼルス映画批評家協会賞4部門、日本アカデミー賞外国作品賞などを受賞している。

 ・ Youtube movie : Amadeus : アマデウス (1984)

 ・ Amazon Prime Video : Amadeus : アマデウス (1984)

Amadeus : アマデウス (1984)のあらすじ

1823年11月のある夜、ウィーンの街で自殺をはかった老人・アントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)が、精神病院に運ばれた。彼は病床で「許してくれ、モーツァルト!君を殺したのは私だ」と言い続けていた。
後日、病状が安定したサリエリを神父フォーグラーが訪問し、話を聞こうとする。当初は神父を蔑み拒否していたサリエリだが次第に軟化する。そして、にわかには信じ難い驚愕すべき内容の告白を始める。
サリエリは、若い頃は音楽への愛と敬虔な信仰心に生きており、オーストリア皇帝ヨーゼフ2世に仕える作曲家として、人々から尊敬されていた。しかし彼の前に天才作曲家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(トム・ハルス)が現れたことが、サリエリの人生のすべてを変えてしまう。その類い稀なる音楽の才能は大衆から称賛され、天真爛漫かつ下品で礼儀知らずな人間性は他の作曲家から軽蔑を受ける。しかしただ一人サリエリだけは、「モーツァルトの才能が神の寵愛を受ける唯一最高のものであること」を理解してしまい、自分はモーツァルトの真価が分かる才能しかない凡庸な人間だと思い知らされる。そしてモーツァルトへの激しい嫉妬に苛まされるサリエリの苦悩が、大きな悲劇を生んでいく。(Wikipedia)

関連記事

  1. The Poseidon Adventure (1972) : ポセイドン・アドベンチャー

  2. Awakenings (1990) / レナードの朝

  3. The Shining (1980) : シャイニング

  4. Stand by Me (1986) / スタンド・バイ・ミー

  5. The Sting : スティング (1973)

  6. Back to the Future : バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。