The Thing : 遊星からの物体X (1982)

『遊星からの物体X』(ゆうせいからのぶったいエックス、原題:The Thing、別題:John Carpenter’s The Thing)は1982年のアメリカ合衆国製SFホラー映画。
南極基地に現れた謎の宇宙生物とそれに立ち向かう隊員達を描く。
ジョン・カーペンター監督、ターマン・フォスター・プロ製作。SFX担当は当時22歳のロブ・ボッティンで、同監督の「ザ・フォッグ」(1979年)に続いての登板となる。

 ・ Youtube Movie : The Thing : 遊星からの物体X (1982)

 ・ Amazon Video : The Thing : 遊星からの物体X (1982)

The Thing : 遊星からの物体X (1982)のあらすじ

約10万年前、宇宙から飛来した飛行船が地球に引き寄せられ、大気圏で炎に包まれながら南極へと落下した。
1982年、冬の南極。ノルウェー隊のヘリが、1匹の犬を追って全12名の隊員がいるアメリカ南極観測隊第4基地へ現れた。銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが失敗し、手違いからヘリは爆発。一人生き残ったノルウェー隊員は基地内へ逃げた犬を追って銃撃を続け、基地の隊員を負傷させてまで犬を殺そうとするが、基地の隊長により射殺される。

殺害するべく犬を追っていたノルウェー隊に一体何があったのか?真相を究明すべくノルウェー基地へ向かったヘリ操縦士のマクレディらが見つけたものは、燃え上がり廃墟と化したノルウェー基地、自殺し凍りついた隊員の死体、何かを取り出したと思しき氷塊、そして異様に変形し固まったおぞましい焼死体だった。一行は調査のため、残されていた記録フィルムと焼死体を持ち帰る。

生き延びた犬は基地内を徘徊し、夜になると犬小屋に入れられた。その途端犬は変形し、グロテスクな姿のThe Thing(生きもの)となり他の犬達を襲い始めた。だが、犬の咆え声を聞いて駆けつけた隊員たちにより、火炎放射器で焼かれ撃退される。

関連記事

  1. Blow Out : ミッドナイトクロス (1981)

  2. Kiss of the Spider Woman : 蜘蛛女のキス (1985)

  3. The Verdict : 評決 (1982)

  4. Sex, Lies, and Videotape (1989) / セックスと嘘とビデオテープ

  5. An Officer and a Gentleman : 愛と青春の旅だち (1982)

  6. Paris, Texas : パリ、テキサス (1984)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。