The Silence of Lambs (1991) / 羊たちの沈黙

『羊たちの沈黙』(ひつじたちのちんもく、The Silence of the Lambs)は、1991年公開のアメリカ映画。監督はジョナサン・デミ。トマス・ハリスの同名小説をテッド・タリーが脚色。主演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス。

第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞。

 ・ amazon : The Silence of Lambs (1991) / 羊たちの沈黙

The Silence of the Lambs (1991) / 羊たちの沈黙のあらすじ

連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描く。

若い女性の皮膚を剥ぎ落とし、その死体を川に流すという残忍な連続猟奇殺人が発生した。
犯人の仮称を冠し“バッファロー・ビル事件”と呼ばれるこれを解決するため、FBI訓練生のクラリス(ジョディ・フォスター)は、クロフォード主任捜査官からある任務を課される。それは、元は天才的な精神科医であり、自分の患者を食したため現在は州立精神病院に措置入院されているレクター博士(アンソニー・ホプキンス)を訪ね、バッファロー・ビルの精神状態を解明させるというものだった。
クラリスから依頼されたレクターは、その引き換えとしてクラリスに、彼女自身の過去を語らせる。父親の死によりクラリスは伯父に預けられ、そこで明け方に伯父が羊たちを屠殺するのを目撃したことが、クラリスのトラウマになっていたのだ。
議員の娘キャサリンが誘拐され、その捜査協力をしたことから、レクターは警備の緩い刑務所に移送される。見張りの警察官の顔の皮を剥いで、その皮を被って救急車で運ばれることで包囲網を突破し、レクターは逃亡する。
クロフォード主任率いる警官隊が犯人宅に踏み込み、事件は解決したかと思われたが、そこは無人の空き家だった。同じ頃、クラリスは事情聴取で犯人の潜む自宅に一人で踏み込もうとしていた.

関連記事

  1. Se7en (1995) / セブン

  2. Dressed to Kill : 殺しのドレス (1980)

  3. Natural Born Killers (1994) / ナチュラル・ボーン・キラーズ

  4. The Wedding Banquet (1993) / ウェディング・バンケット

  5. Bullets over Broadway (1994) / ブロードウェイと銃弾

  6. The Player (1992) / ザ・プレイヤー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。