A Clockwork Orange : 時計じかけのオレンジ (1971)

『時計じかけのオレンジ』(とけいじかけのオレンジ, A CLOCKWORK ORANGE)は、1962年発表のイギリスの小説家アンソニー・バージェスによるディストピア小説、又はそれを原作にし1971年に公開(日本では1972年4月)されたアメリカ映画。スタンリー・キューブリックにより映画化された。

暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的作品。近未来を舞台設定にしているが、あくまでも普遍的な社会をモチーフにしており、映像化作品ではキューブリックの大胆さと繊細さによって、人間の持つ非人間性を悪の舞踊劇ともいうべき作品に昇華させている。

関連記事

  1. The Towering Inferno (1974) : タワーリング・インフェルノ

  2. The Shawshank Redemption (1994) / ショーシャンクの空に

  3. Johnny Got His Gun : ジョニーは戦場に行った (1971)

  4. Carrie : キャリー (1976)

  5. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  6. East of Eden (1955) / エデンの東

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。