Butch Cassidy and Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!

『明日に向って撃て!』(あすにむかってうて!、Butch Cassidy and the Sundance Kid)は、1969年のアメリカ映画。アメリカン・ニューシネマの傑作の一つ。実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの物語。ラストシーンのストップモーションは映画史に残る屈指の名シーンとして有名である。日本での公開は1970年2月。2003年、この映画はアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

 ・ amazon : Butch Cassidy and Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!
 ・ Prime Video : Butch Cassidy and Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!
 ・ U-NEXT : Butch Cassidy and Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!
 ・ Youtube : Butch Cassidy and Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!

Butch Cassidy and Sundance Kid (1969) : 明日に向って撃て!のあらすじ

1890年代の西部。家畜泥棒と銀行強盗が稼業の2人組のガンマン、ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)は、同じ盗人仲間のハーベイ・ローガン(テッド・キャシディ)らの誘いにのって、列車強盗を試み、大金をせしめた。この後ブッチは、銀、錫などの鉱山資源の豊富なボリビアへ行って荒稼ぎしようと、サンダンスを誘う。そして、スペイン語のできるサンダンスのガール・フレンド、女教師のエッタ(キャサリン・ロス)も交えて、彼らはボリビアへ向かう。が、ボリビアはブッチの想像とは異なり大変な貧乏国で、2人はたちまち銀行強盗に戻る。やがて2人はヤンキー泥棒として有名になり、警察も彼らに手ごころを加えた。2人にとってはこれが不満で、とうとう彼らは足を洗い、錫山のガードマンとなった。エッタは2人がカタギになったことを喜ぶが、所詮、泥棒稼業が身についた2人、正業を長続きさせることはできないだろうと考えていた。この不安は的中し、数年後、彼らは鉱山の給料を奪い、再び警官に追われる身となった。捜索には、ボリビア軍隊までも動員され、2人はあえない最期をとげた。(20世紀フォックス配給*1時間50分)

関連記事

  1. Drugstore Cowboy (1989) / ドラッグストア・カウボーイ

  2. Raiders of the Lost Ark (1981) : レイダーズ 失われた聖櫃

  3. The Hustler (1961) / ハスラー

  4. Planet of the Apes : 猿の惑星(1968)

  5. 2001: A Space Odyssey (1968) : 2001年宇宙の旅

  6. The Graduate (1967) : 卒業

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。