Johnny Got His Gun : ジョニーは戦場に行った (1971)

『ジョニーは戦場へ行った』(ジョニーはせんじょうへいった、原題: Johnny Got His Gun) は、ドルトン・トランボが1939年に発表した反戦小説である。タイトル『ジョニーは銃をとった(Johnny Got His Gun)』は、第一次世界大戦時の志願兵募集の宣伝文句で、軍歌『オヴァー・ゼア』(Over There)でも有名になった「ジョニーよ、銃をとれ(Johnny Get Your Gun)」という呼び掛けへの痛烈な皮肉となっている。
ベトナム戦争最中の1971年、トランボ自身の脚本・監督により映画化された。カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ、国際映画評論家連盟賞、国際エヴァンジェリ映画委員会賞を受賞。

関連記事

  1. The Omen (1976) : オーメン

  2. Out of Africa (1985) : 愛と哀しみの果て

  3. Mishima : A Life in Four Chapters (1985) / ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

  4. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  5. Alien (1979) : エイリアン

  6. Goodfellas (1990) / グッドフェローズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。