Paper Moon : ペーパー・ムーン (1973)

『ペーパー・ムーン』(原題:Paper Moon)は、ジョー・デヴィッド・ブラウンの小説『アディ・プレイ』を原作とした、1973年制作のアメリカ映画。監督はピーター・ボグダノヴィッチ。
聖書を売りつける詐欺師の男と、母親を交通事故で亡くした9歳の少女との、互いの絆を深めていく物語を描いたロード・ムービー。シンプルな脚本で普遍的な映画を目指したという。
年間トップの興行収入を得、1973年の第46回アカデミー賞ではテータム・オニールが史上最年少で助演女優賞を受賞した。

関連記事

  1. A Clockwork Orange : 時計じかけのオレンジ (1971)

  2. The Shawshank Redemption (1994) / ショーシャンクの空に

  3. The Godfather Part I (1972) / ゴッドファーザー

  4. Alien (1979) : エイリアン

  5. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  6. One Flew over the Cuckoo’s Nest : カッコーの巣の上で (1975)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。