The Life and Times of Judge Roy Bean : ロイ・ビーン (1972)

『ロイ・ビーン』(原題:The Life and Times of Judge Roy Bean)は、1972年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。
19世紀末のテキサス州バルベルデ郡に実在したロイ・ビーン(1825年-1903年)の生涯を描いた作品。
ジョン・ヒューストン監督、ポール・ニューマン主演。
ポール・ニューマンは後年、本作を振り返って、「撮影は本当に楽しかったし、映画の出来も4分の3は古典と言って良いほどの出来だと思う。しかし、監督も含め皆、この素敵な映画をどう終わらせれば良いのかわからなかった」と語っている。

関連記事

  1. East of Eden (1955) / エデンの東

  2. Cabaret (1972) : キャバレー

  3. The Deer Hunter : ディア・ハンター (1978)

  4. The Shawshank Redemption (1994) / ショーシャンクの空に

  5. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  6. Kiss of the Spider Woman : 蜘蛛女のキス (1985)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。