The Way We Were : 追憶 (1973)

『追憶』(ついおく、The Way We Were)は、1973年のアメリカ映画。シドニー・ポラック監督。脚本を書いたアーサー・ローレンツは、大学時代に体験した学生運動を元にストーリーを練り上げた。

左翼思想に傾倒するケイティー(バーブラ・ストライサンド)と政治的主義にとらわれない考えを持つハベル(ロバート・レッドフォード)。信条が正反対の二人は大学で出逢い、卒業後それぞれの道を進む。第二次世界大戦の最中ケイティーは偶然ニューヨークで軍人となったハベルと再会し、戦後結婚した。ハベルは脚本家となり、ハリウッドで徐々に認められるようになる。しかし、マッカーシズムの時代が幕を開けると、ケイティーの政治思想がハベルの仕事にも影響を及ぼし、二人の仲に亀裂が入り始めた。

 ・ Apple : 追憶 (字幕版) – シドニー・ポラック

関連記事

  1. The Strawberry Statement (1970) : いちご白書

  2. The Postman Always Rings Twice (1981) : 郵便配達人は二度ベルを鳴らす

  3. Enter the Dragon (1973) / 燃えよドラゴン

  4. American Graffiti : アメリカン・グラフィティ(1973)

  5. Love Is a Many-Splendored Thing (1955) / 慕情

  6. Sex, Lies, and Videotape (1989) / セックスと嘘とビデオテープ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。