Patton (1970) : パットン大戦車軍団

『パットン大戦車軍団』(Patton)は、第二次世界大戦中のアメリカ軍のジョージ・パットン将軍を描いた1970年公開の映画。パットンを演じたジョージ・C・スコットはアカデミー最優秀主演男優賞を受賞した。2003年にはアメリカ議会図書館が「文化的に重要である」として、アメリカ国立フィルム登録簿に同作を登録した。

 ・ amazon : Patton (1970) : パットン大戦車軍団
 ・ Prime Video : Patton (1970) : パットン大戦車軍団
 ・ U-NEXT : Patton (1970) : パットン大戦車軍団
 ・ Youtube : Patton (1970) : パットン大戦車軍団

Patton (1970) : パットン大戦車軍団のあらすじ

1943年、アフリカ戦線。初陣のアメリカ第2機甲兵団は、ドイツのロンメル将軍(カール・ミカエル・フォーグラー)の指揮する軍団をかい滅させたが、味方の損害も大きかった。そこへ、パットン将軍(ジョージ・C・スコット)が着任。兵団たて直しのため、ブラッドリー少将(カール・マルデン)を副官に任じ、厳しい再訓練を開始した。彼は、ロンメルと雌雄を決する気構えだった。その機会は意外に早く訪れた。そして、エルゲッターの戦闘で、彼の軍団はロンメルの機甲兵団をみごと粉砕した。この勝利で、アメリカ軍はモントゴメリー大将(マイケル・ベイツ)のイギリス軍と、歩調を合わせることができた。アフリカ方面の戦闘が終局を告げると、パットンはシチリア島侵攻の、第2兵団司令官となった。この侵攻作戦をめぐり、速攻派のパットンと慎重派のモントゴメリーは対立したが、パットンは作戦を強行、パレルモを奪取した。しかし、戦争ノイローゼの兵隊を殴ったことから、兵団司令の任をはずされた彼は、欧州上陸作戦最高司令官の重任も、ブラッドリーにさらわれてしまった。失意のパットンは、やがてイギリスにまわされたが、そこの婦人クラブで行った講演の内容から、またも彼は上層部の譴責をうけた。やがてノルマンディ上陸作戦が成功。作戦に参加できなかったことを悔やむパットンに、名誉回復の日が到来した。ブラッドリーが、第3兵団司令官として、彼をノルマンディに呼びよせたのである。勇躍したパットンは、電撃的にドイツ軍を撃破、さらに有名なバルジの戦闘で、戦史に残る功績をあげた。やがてドイツは降伏。しかし、ソ連ぎらいのパットンは、そのためまたも物議をかもし出し、ついに失意のうちに、自動車事故でその特異な生涯を終えた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Terminator : ターミネーター (1984)

  2. The French Connection : フレンチ・コネクション (1971)

  3. The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチ

  4. Dirty Harry : ダーティハリー (1971)

  5. The Hustler (1961) / ハスラー

  6. Gloria : グロリア (1980)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。