The Life and Times of Judge Roy Bean (1972) : ロイ・ビーン

『ロイ・ビーン』(原題:The Life and Times of Judge Roy Bean)は、1972年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。
19世紀末のテキサス州バルベルデ郡に実在したロイ・ビーン(1825年-1903年)の生涯を描いた作品。
ジョン・ヒューストン監督、ポール・ニューマン主演。
ポール・ニューマンは後年、本作を振り返って、「撮影は本当に楽しかったし、映画の出来も4分の3は古典と言って良いほどの出来だと思う。しかし、監督も含め皆、この素敵な映画をどう終わらせれば良いのかわからなかった」と語っている。

 ・ amazon : ロイ・ビーン (1972)

The Life and Times of Judge Roy Bean (1972) : ロイ・ビーンのあらすじ

1890年、テキサス。ペコス川の西には法律も正義もない。あるものといったら暴力と無秩序とガラガラ蛇と・・・。今日も1人の流れ者が悪党どもの罠に落ちた。薄れてゆく意識の中で復讐を誓った。われに帰った時、メキシコ人の少女が心配そうに彼の顔をのぞき込んでいた。流れ者は彼女から拳銃を借りると、悪党どもがたむろする酒場へとって返し、見事な拳銃さばきで全員を射殺してしまった。流れ者は次の日から判事ロイ・ビーン(ポール・ニューマン)と名乗り、町に居すわった。彼が改造した酒場は法廷を兼ね、壁には大女優リリー・ラングトリーの大きなポスターをはりつけた。5人の助手を雇い入れ、ビーンは実業家としても大をなしていった。黒人殺しのサム・ドップス(タブ・ハンター)のようなケチな悪党から、奇妙な殺し屋バッド・ボブ(ステイシー・キーチ)まで、ビーンは一切を容赦しなかった。そんな彼の生活にも、時として静かな時間が流れる事があった。1番最初、彼を助けてくれたメキシコの少女マリー(ヴィクトリア・プリンシパル)と、暮れなずむテキサスの荒野を散策する時、悪名高い“判事ロイ・ビーン”はそこにはいない。通りすがりの山男からもらったバカでかい黒熊がその日からビーンの友人兼ボディガードになった。ある日、金縁の眼鏡をかけ、3揃いの背広を着た男が町にやってきた。彼は弁護士のガス(ロディ・マクドウォール)と名乗り、ビーンが土地を不法占拠していると抗議した。ビーンは取りあわず、ガスを黒熊のオリに閉じ込めた。その夜、酒場に殺し屋が忍び込み、黒熊が殺された。時ならぬ銃声に集まってきた町民の中にガスの顔もあったが、ビーンが無事なのを知るとそそくさと帰って行った。ロイ・ビーンの身辺は急に忙しくなった。マリーが妊娠し、リリー・ラングトリー(エヴァ・ガードナー)がサン・アントニオにやってきたのだ。彼にとって、あらゆる美と理想の象徴である大女優リリーに一目あいたかった。マリーにはげまされ、通信販売のタキシードを着てサン・アントニオに。だがなんたる事だ。切符は売り切れ、楽屋から入れてやるという男にだまされ、ハダカにされる。雄図むなしく町に帰ったビーンは、マリーの臨終に立ち会わねばならなかった。彼女が息を引き取る時、枕元で鳴っていたのは前々から欲がっていたオルゴール。曲はいつかビーンが夕陽を浴びて口ずさんだ“テキサスの黄色いバラ”だった。彼は悲しみより怒りに燃えていた。隣町から呼んだ医者が飲んだくれ、間に合わなかったのだ。ビーンは自ら医者を絞首台に運ぶ。と、その時ガスが現われた。「留守の間に私が町長に選ばれました。吊るし首は殺人罪ですぞ」。ビーンは馬に飛び乗るとわき目もふらず町を出て行った。それから20年、マリーの忘れ形見ローズ(ジャクリーン・ビセット)は、突然町へやってきた父親と名乗る老人に会った。彼はかつて部下だったという5人の男たちを連れて町をじゅうりんした。ローズが父ロイ・ビーンを見たのはその日が最初で最後だった。

関連記事

  1. Apocalypse Now (1979) : 地獄の黙示録

  2. The French Connection (1971) : フレンチ・コネクション

  3. Jesus Christ Superstar (1973) : ジーザス・クライスト・スーパースター

  4. Rumble Fish : ランブルフィッシュ(1983)

  5. All the President’s Men (1976) : 大統領の陰謀

  6. The Wedding Banquet (1993) / ウェディング・バンケット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。