Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

『ソフィーの選択』(ソフィーのせんたく、Sophie’s Choice)は、ウィリアム・スタイロンの小説(1979年)を原作にした映画(1982年)。ナチスによるホロコーストを題材に取った作品。小説はピューリッツァー賞を受賞した。映画はメリル・ストリープがヒロインを演じ、第55回アカデミー賞と第40回ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞した。

監督:アラン・J・パクラ
出演:メリル・ストリープ、ケヴィン・クライン、ピーター・マクニコル

 ・ prime video : Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

 ・ Apple : ソフィーの選択 Sophie’s Choice (字幕版) – アラン・J・パクラ

 ・ Google Play : Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

 ・ NetFlix : Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

 ・ YouTube : Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)のあらすじ

1947年、南部の田舎町に住む、スティンゴという綽名で呼ばれる青年 (ピーター・マクニコル) は、作家になることを夢見ていた。 まだ恋愛も知らず井の中の蛙であったスティンゴは、わずかなお金をもって自分探しの旅をするべく故郷を後にする。 列車でニューヨークに向かい、ブルックリンで安住まいを見つける。 ピンク・パレスと呼ばれるピンク一色のアパートで荷を解いたスティンゴは、まだ開け放してあった自室のドアのむこうの大階段で怒鳴り散らしている男と泣きすがる女の声を聞き、何事かと様子を観に行く。 それが、ソフィー (メリル・ストリープ) とネイサン (ケヴィン・クライン) との出逢いだった。

怒鳴り散らしてアパートを出て行ったネイサンだったが、その夜のうちに戻ってきて、ソフィーに謝罪の言葉を述べ、翌朝にはスティンゴにも「夕べは悪かった」と握手を求める。 そして2人はスティンゴに彼らの部屋で朝食をとってから一緒にコニー・アイランドに遊びに出掛けようと提案する。彼らの部屋でカップルは、馴れ初めや身の上をスティンゴに語る。

関連記事

  1. The Terminator (1984) : ターミネーター

  2. グロリア (1980) : Gloria

  3. Blood Simple (1984) : ブラッド・シンプル

  4. The Strawberry Statement (1970) : いちご白書

  5. American Graffiti (1973) : アメリカン・グラフィティ

  6. Casino (1995) / カジノ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。