Dressed to Kill : 殺しのドレス (1980)

『殺しのドレス』(Dressed to Kill)は、1980年に公開されたアメリカのホラー映画。ブライアン・デ・パルマ監督の代表作。

Dressed to Kill : 殺しのドレス (1980)のあらすじ

夫マイクとの性生活に不満を抱えているケイトは、精神分析医エリオットのカウンセリングを受けた帰りに立ち寄った美術館で男と出会い情事に及ぶが、何者かに殺害されてしまう。それを偶然にも目撃してしまった娼婦リズは、ケイトの息子ピーターと協力して事件の謎を追うことになる。

関連記事

  1. The Brother from Another Planet : ブラザー・フロム・アナザー・プラネット(1984)

  2. The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

  3. The Third Man (1949) / 第三の男

  4. Predator (1987) / プレデター

  5. The Postman Always Rings Twice (1981) : 郵便配達人は二度ベルを鳴らす

  6. All the President’s Men (1976) : 大統領の陰謀

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。