First Blood : ランボー (1982)

『ランボー』(原題:First Blood )は、1982年のアメリカのアクション映画で、『ランボー』シリーズの第1作である。
ディヴィッド・マレルの処女出版小説『一人だけの軍隊』の映画化作品であり、社会から孤立したベトナム帰還兵ランボーと、たまたま街を訪れた流れ者というだけでランボーを排除しようとした保安官との戦いを通して、「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれている。 本作によりスタローンは『ロッキー』に続くキャラクターイメージを獲得し、アクションスターとしての地位を不動のものとした。

First Blood : ランボー (1982)のあらすじ

1981年12月のワシントン州。ベトナム帰還兵ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、ベトナム時代の戦友を訪ねて山間の田舎町を訪れる。しかし戦友は、戦争で浴びた化学兵器の後遺症で癌を患い、既にこの世を去っていた。戦友宅を辞去し、食事をとるため街へ入ったランボーに、保安官ティーズル(ブライアン・デネヒー)が声を掛ける。ティーズルはランボーがトラブルを起こしそうな身なりや顔つきだと判断し、偏見から街を出ていけと高圧的な態度で告げ、ランボーをパトカーに乗せて市街地の外れへと追い出す。それでも来た道を戻り街へ入ろうとするランボーを、ティーズルは浮浪罪とサバイバルナイフ所持で逮捕し保安官事務所へと連行する。

関連記事

  1. Mishima : A Life in Four Chapters (1985) / ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

  2. Brazil (1985) : 未来世紀ブラジル

  3. Paris, Texas : パリ、テキサス (1984)

  4. Patton (1970) : パットン大戦車軍団

  5. Reds (1981) : レッズ

  6. An Officer and a Gentleman (1982) : 愛と青春の旅だち

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。