The Postman Always Rings Twice (1981) : 郵便配達人は二度ベルを鳴らす

『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(ゆうびんはいたつはにどベルをならす、The Postman Always Rings Twice)は、ジェームズ・M・ケインの同名小説を映画化した1981年のアメリカ合衆国の映画である。

 ・ Youtube : The Postman Always Rings Twice : 郵便配達人は二度ベルを鳴らす (1981)

The Postman Always Rings Twice : 郵便配達人は二度ベルを鳴らす (1981)のあらすじ

1930年代のカリフォルニア。流れ者のフランク・チェンバースは、ギリシャ移民のニック・パパダキスが経営するダイナー(ドライブイン)で機械工として働くことになった。それはニックの若くセクシーな妻コーラに一目で惹かれたからだ。一方のコーラも、年の離れた夫との生活に嫌気がさしており、強引なフランクにあっけなく身を任せる。 逢瀬を重ねる2人は邪魔者のニックを殺そうとするが、一度目は失敗する。二度目は交通事故に偽装し、殺害には成功したものの、誤ってフランクが大怪我を負ってしまう。

病院に収容されたフランクの下にサケット検事が現れる。サケットはフランクの前科を知っていたことから、フランクとコーラによる偽装殺人を疑う。サケットの脅しに屈し、コーラを傷害で告訴する書類にサインしてしまうフランク。2人の弁護士であるカッツは、裁判ではコーラの有罪を認めざるを得なくなるものの、保険会社との巧みな取引により、コーラを無罪にする。保険金は弁護士費用に取られたものの、フランクとコーラは自由の身となる。一方、有名人となったコーラ目当てでダイナーは大繁盛するが、2人の関係は冷ややかなものになっていた。

そんなある日、コーラは音信不通だった母の容態が悪いことを知り、母の下に行く。1人残されたフランクはダイナーを閉め、ふらりと出かけ、そこで出会った女マッジと関係を持つ。

ダイナーに戻ったフランクとコーラは冷却期間を置いたことで改めて2人でやり直すことにするが、そこにカッツの助手だったケネディが現れ、2人を脅迫する。フランクは強引にケネディの脅迫をはねのけ問題を解決すると、コーラにプロポーズする。

結婚した2人は再出発を祝うためにピクニックに出かけるが、コーラが急な腹痛を訴えたことからフランクは慌てて車を走らせる。 車の中でも愛を確認し合う2人。ところが、前方からやって来たトラックをよけ損ねたためにコーラは車から投げ出され、あっけなく死んでしまう。 フランクは突然の悲劇に泣き崩れるしかなかった。

関連記事

  1. Paris, Texas : パリ、テキサス (1984)

  2. The Right Stuff (1983) : ライトスタッフ

  3. Ghost (1990) / ゴースト/ニューヨークの幻

  4. Love Is a Many-Splendored Thing (1955) / 慕情

  5. Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

  6. The Purple Rose of Cairo (1985) / カイロの紫のバラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。