Drugstore Cowboy (1989) / ドラッグストア・カウボーイ

『ドラッグストア・カウボーイ』(Drugstore Cowboy)は、1989年制作のアメリカ映画。

麻薬を打った時に現れる幻覚を映像で描き、麻薬が人に及ぼす精神状態の変化など、麻薬の魅力と恐怖の両面を描いた作品。ガス・ヴァン・サントの35ミリ映画監督デビュー作。

本作でジャンキーを演じた主役のマット・ディロンはインディペンデント・スピリット賞の男優賞を受賞。

 ・ amazon : Drugstore Cowboy (1989) / ドラッグストア・カウボーイ

 ・ Youtube : Drugstore Cowboy (1989) / ドラッグストア・カウボーイ

Drugstore Cowboy (1989) / ドラッグストア・カウボーイのあらすじ

1970年代のオレゴン州ポートランド。麻薬に溺れたボブ(マット・ディロン)とダイアン(ケリー・リンチ)の2人は、仲間のリック(ジェームズ・レグロス)、ナディーン(ヘザー・グラハム)と共に麻薬を得るためにドラッグストアを襲ってはドラッグを楽しむ日常を送っていた。しかし上手くいっていた生活も徐々に狂い、ついには仲間のナディーンが麻薬中毒死する。その死にショックを受けたボブはグループから離れてサナトリウムに入り、更生を図ろうとするが、かつての手下のデイヴィッドに撃たれてしまう。

関連記事

  1. Stand by Me (1986) / スタンド・バイ・ミー

  2. The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

  3. Dead Poets Society (1989) : いまを生きる

  4. Out of Africa (1985) : 愛と哀しみの果て

  5. Scarface : スカーフェイス (1983)

  6. Unforgiven (1992) : 許されざる者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。