Julia (1977) : ジュリア

『ジュリア』(Julia)は、1977年のアメリカ映画。アメリカの作家リリアン・ヘルマンの『Pentimento: A Book of Portraits』(1973年)を原作とする。リリアンとジュリアの友情、および作家のダシール・ハメットとの愛が描かれている。監督:フレッド・ジンネマン
第50回アカデミー賞では作品賞候補を含めて11のノミネーションを受け、3部門で受賞した。

Julia (1977) : ジュリアのストーリー

アメリカの有名な劇作家リリアン・ヘルマン(ジェーン・フォンダ)が処女作「子供たちの時間」を書いていた34年ごろ、彼女は推理小説家のダシェル・ハメット(ジェイソン・ロバーズ)と同棲していた。仕事がはかどらず、癇癪を起こすことが多いリリアンをダシェルは絶えず励ましていた。この頃、リリアンは懐しい幼友だちのジュリア(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を思い出していた。ジュリアは、金持ちの上流家庭に生まれた美しい娘であったが、身内の人たちを嫌い、特に金持ちの祖父母を嫌っていた。早くから文学や詩に親しんでいたジュリアは、引っ込みがちなリリアンをリードし、年頃になった2人は互いに将来に対する希望などを話し合うようになり、友情と愛情は深まっていった。オックスフォード大学に入ったジュリアは、その後ウィーンへ行き、フロイトから教えを受けることになったが、ここで反ナチの地下運動に関係することになる。風のたよりにジュリアの動静を知っていたリリアンは、仕事がはかばかしくないまま、ダシェルの勧めでパリに行き、そこで劇を書き上げようとした。パリに着いたリリアンは、ウィーンで起こった暴動で200名の人が殺されたという新聞記事を読みウィーンに行く。ジュリアは入院し、全身が包帯で巻かれており、ベッドに横たわったまま口をきかなかった。リリアンは、ジュリアが何で手術をしたのかも解らずに、パリに戻ることになった。35年、アメリカに帰ったリリアンは、ダシェルの勧めで劇を書き、それが大ヒットする。37年、モスコーの演劇フェスティバルに招かれたリリアンは、途中パリでヨハン(マクシミリアン・シェル)という若い男に、ベルリンにいるジュリアに5万ドルの金を届けることを頼まれ、不安を感じながらも引き受けた。フランスからドイツへ行く列車の旅はひどく不安なものだったが、途中乗り合わせた2人の女などジュリアの仲間の支援をうけながら無事にベルリンのジュリアのもとに着く。再会したジュリアは義足をつけ、松葉杖に頼る身となっており、手術をした時の事を知る。5万ドルの金は無事にジュリアの手に渡るが、そこで意外なことをジュリアから聞かされる。ジュリアには女児がおり、フランスの田舎のパン屋に預けてあるという。そして、いずれ義足を作るためにニューヨークへ帰るが、その時子供も連れていき、以後リリアンに育ててもらいたいと言うのだった。しかしジュリアはニューヨークに行くことなしにナチに殺され、リリアンは子供を引き取りにアルサスのパン屋まで行くが、反応はむなしく、子供は見つからなかった。その後、ニューヨークのジュリアの祖父母の邸を訪ねても、むなしく終わった。ジュリアを失い、子供を見つけることもできなくて悲しむリリアンを、ダシェルはそっと慰めようとしたが、彼女のジュリアの身内を憎む心はついまでも消えなかった。

関連記事

  1. The Godfather Part I (1972) : ゴッドファーザー

  2. Easy Rider (1969) : イージー・ライダー

  3. Cabaret (1972) : キャバレー

  4. Carrie (1976) : キャリー

  5. Dirty Harry (1971) : ダーティハリー

  6. The Right Stuff (1983) : ライトスタッフ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。