The Purple Rose of Cairo (1985) / カイロの紫のバラ

『カイロの紫のバラ』(The Purple Rose of Cairo)は、1985年のアメリカ映画。監督はウディ・アレン。

 ・ Youtube : The Purple Rose of Cairo (1985) / カイロの紫のバラ

 ・ amazon : The Purple Rose of Cairo (1985) / カイロの紫のバラ

The Purple Rose of Cairo (1985) / カイロの紫のバラのあらすじ

舞台は1930年代のニュージャージー州。妻のセシリア(ミア・ファロー)はウェイトレスをして、失業中の夫モンク(ダニー・アイエロ)との生活を支えている。惨めな生活とモンクとの愛のない結婚から逃れるため、セシリアは映画館に通っているのだが、今上映されている「カイロの紫のバラ」という映画に彼女は夢中になっているのだった。「カイロの紫のバラ」の登場人物トムと、トム役を演じる俳優のギルの二役をジェフ・ダニエルズが演じている。トムは第四の壁を破り、白黒のスクリーンからカラフルな現実の世界へ現れる。「カイロの紫のバラ」の監督はトムが映画から逃げたのに気づき、ギルとともに事件が起こっているニュージャージーの映画館にやってくる。この映画はトムとギル、セシリアを巻き込んだ普通ではない三角関係を描いている。エンディングでは、ギルがセシリアを見捨てハリウッドに戻ってしまう。これまで恋人も仕事も家庭も持てなかったセシリアは、映画館の席について『トップ・ハット』のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのダンスを見つめている。自分の悲惨な状況を忘れ、映画に夢中になっているセシリアを映し映画は幕を閉じる。

関連記事

  1. Rumble Fish : ランブルフィッシュ(1983)

  2. The Shining (1980) : シャイニング

  3. The Terminator (1984) : ターミネーター

  4. The Thing (1982) : 遊星からの物体X

  5. Annie Hall (1977) : アニー・ホール

  6. Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。