Streets of Fire : ストリート・オブ・ファイヤー (1984)

『ストリート・オブ・ファイヤー』(Streets of Fire)は、1984年製作のアメリカ合衆国の映画。西部劇の形式を踏襲したウォーター・ヒル監督のロック映画。人が一人も死なないという珍しいアクション映画である。その年度の『キネマ旬報』で、読者による選出でベストワンに選ばれた。

 ・ youtube : Streets of Fire : ストリート・オブ・ファイヤー (1984)

 ・ amazon video : Streets of Fire : ストリート・オブ・ファイヤー (1984)

 ・ Apple : ストリート・オブ・ファイヤー (字幕版) – Walter Hill

Street of Fire : ストリート・オブ・ファイヤー (1984)のあらすじ

人気ロック歌手、エレン・エイム(ダイアン・レイン)が地元での凱旋ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に拉致される。彼女の大ファンのリーヴァは弟トム(マイケル・パレ)に助けを求め、エレンのマネージャー、ビリーがトムを雇うと申し出る。トムは偶然出会った陸軍あがりの女兵士マッコイを相棒にボンバーズのアジトを急襲し、エレンを救い出す。 トムとエレンはかつて恋仲だったが、エレンが歌手を目指すために心ならずも別れていた。今回の救出をきっかけに再び心が揺れるが、トムが金のために自分を救出したとエレンが誤解し仲違いする。しかし、トムがビリーから謝礼を受けとらなかったと知り、二人の間にふたたび愛の炎が燃え上がる。 その一方、面目を潰されたボンバーズのボス、レイヴェン(ウィレム・デフォー)はボンバーズを率いて街を襲撃しようとしていた。その前に立ちはだかるトム。レイヴェンはトムに一騎討ちを申し出、トムも受けて立つ。一対一の壮絶な対決の末、トムが勝利する。ボスの敗北、住民の決起の姿をみてボンバーズは引き上げ、街に平和が訪れる。 エレンはトムに復縁を申し出るが、トムは「俺は君の付き人になる男じゃねぇ」と言い、二人は再びそれぞれの道を歩むこととなる。ステージで歌う彼女の姿を見守りつつ、トムはマッコイと共に街を去って行く。

関連記事

  1. E.T. The Extra-Terrestrial : E.T. (1982)

  2. Wall Street (1987) / ウォール街

  3. Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

  4. Mishima : A Life in Four Chapters (1985) / ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

  5. Paris, Texas : パリ、テキサス (1984)

  6. The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。