The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチ

『ワイルドバンチ』(原題: The Wild Bunch) は、1969年製作のアメリカ合衆国の映画。サム・ペキンパー監督による西部劇。時代の波に取り残された無法者たちの滅びの美学を描いた作品であり、西部劇に引導を渡した「最後の西部劇」と呼ばれている。ペキンパーの最高傑作として高く評価されている。定義にもよるが「アメリカン・ニューシネマ 」の一つとされる。

 ・ amazon : The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチ

 ・ prime video : The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチ

 ・ U-NEXT : The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチ

 ・ Youtube : The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチ

The Wild Bunch (1969) : ワイルドバンチのあらすじ

1913年、テキサスとメキシコの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら武装強盗団の一味は、鉄道会社の金庫を襲う。しかし、これは鉄道会社の経営者がパイクたちをおびき寄せるための罠で、待ち伏せていた賞金稼ぎたちと壮絶な撃ち合いになる。賞金稼ぎのリーダーは、パイクの昔の仲間で、仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)だった。仲間を失いながらも、パイク一味は、老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の待つ農場にたどり着く。ニセの銀貨を掴まされ、仕事に失敗したパイク一味は、国境を越えてメキシコに逃れる。その後をソーントンとバウンティハンターたちが追っていた。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコの小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だった。そこで、エンジェルの恋人テレサが、マパッチ将軍の政府軍部隊に連れ去られたことを知る。パイクたちは追っ手を逃れ、マパッチの部隊の駐屯地アグア・ベルデにたどり着く。そこで、マパッチの膝の上に乗っているテレサを見たエンジェルは、彼女を射殺してしまう。エンジェルは捕らえられるが、マパッチを狙ったのではないと分かり釈放された。パイクは、マパッチから1万ドルの報酬でアメリカの軍用列車から武器を奪うよう依頼され、引き受ける。列車強盗は成功するが、マパッチの裏切りを予測し、武器と報酬を小分けに交換する。しかし、エンジェルが武器の一部を反政府ゲリラに渡した事がばれ、エンジェルは捕まってしまう。パイクたちは、仲間のエンジェルを助けるために、4人でマパッチの軍団に戦いを挑む……。

関連記事

  1. The French Connection (1971) : フレンチ・コネクション

  2. Jeremiah Johnson (1972) : 大いなる勇者

  3. The Terminator (1984) : ターミネーター

  4. Gloria : グロリア (1980)

  5. Planet of the Apes : 猿の惑星(1968)

  6. Midnight Cowboy (1969) / 真夜中のカーボーイ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。