Easy Rider (1969) : イージー・ライダー

『イージー・ライダー』(原題:Easy Rider)は、1969年公開のアメリカ映画。日本では1970年に公開され、「イージー☆ライダー」と表記されることもある。ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによるアメリカン・ニューシネマの代表作。その衝撃的な結末で知られる。1969年(第42回)アカデミー賞で助演男優賞と脚本賞にノミネートされた。1998年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

 ・ amazon video : Easy Rider : イージー・ライダー (1969)
 ・ prime video : Easy Rider (1969) : イージー・ライダー
 ・ U-NEXT : Easy Rider (1969) : イージー・ライダー
 ・ Youtube : Easy Rider (1969) : イージー・ライダー
]

Easy Rider (1969) : イージー・ライダーのあらすじ

1913年、テキサスとメキシコの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら武装強盗団の一味は、鉄道会社の金庫を襲う。しかし、これは鉄道会社の経営者がパイクたちをおびき寄せるための罠で、待ち伏せていた賞金稼ぎたちと壮絶な撃ち合いになる。賞金稼ぎのリーダーは、パイクの昔の仲間で、仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)だった。仲間を失いながらも、パイク一味は、老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の待つ農場にたどり着く。ニセの銀貨を掴まされ、仕事に失敗したパイク一味は、国境を越えてメキシコに逃れる。その後をソーントンとバウンティハンターたちが追っていた。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコの小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だった。そこで、エンジェルの恋人テレサが、マパッチ将軍の政府軍部隊に連れ去られたことを知る。パイクたちは追っ手を逃れ、マパッチの部隊の駐屯地アグア・ベルデにたどり着く。そこで、マパッチの膝の上に乗っているテレサを見たエンジェルは、彼女を射殺してしまう。エンジェルは捕らえられるが、マパッチを狙ったのではないと分かり釈放された。パイクは、マパッチから1万ドルの報酬でアメリカの軍用列車から武器を奪うよう依頼され、引き受ける。列車強盗は成功するが、マパッチの裏切りを予測し、武器と報酬を小分けに交換する。しかし、エンジェルが武器の一部を反政府ゲリラに渡した事がばれ、エンジェルは捕まってしまう。パイクたちは、仲間のエンジェルを助けるために、4人でマパッチの軍団に戦いを挑む……。

関連記事

  1. Julia : ジュリア (1977)

  2. Ordinary People : 普通の人々 (1980)

  3. Sophie’s Choice : ソフィーの選択 (1982)

  4. Talk Radio (1988) / トーク・レディオ

  5. 2001: A Space Odyssey (1968) : 2001年宇宙の旅

  6. Dances with Wolves (1990) / ダンス・ウィズ・ウルブズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。