The Verdict (1982) : 評決

『評決』(ひょうけつ、原題: The Verdict)は、1982年制作のアメリカ映画。シドニー・ルメット監督作品。医療過誤訴訟を主題とした法廷もの。初老の弁護士を演じたポール・ニューマンの演技が高く評価されている。

 ・ Apple : 評決 (字幕版) – Sidney Lumet

 ・ Youtube : The Verdict : 評決 (1982)

The Verdict : 評決 (1982)のあらすじ

仕事が見つからないアルコール依存症の弁護士フランク・ギャルヴィン(ポール・ニューマン)。彼は今日も新聞の死亡欄を確認して見ず知らずの人物の葬式会場に出かけ、「困ったことがあったら力になります」と悲しみに暮れる遺族に名刺を渡して回るという惨めな営業活動を続けていた。しかし、中にはそれに怒り出す人々もいた。「人の不幸に付込んで何の真似だ」と。すっかり自己嫌悪に陥ったギャルヴィンは、ひたすら酒を煽って気を紛らすしかなかった。

そんな姿を見かねた先輩弁護士ミッキーが、簡単に済みそうな訴訟を世話してくれることになった。出産のために入院した主婦が麻酔時のミスにより植物状態に陥ったという事件。事を穏便に済ませたい病院側が示談に応じるのは見え見えだった。また実際に、背後にカトリック教会を控える病院側の大手弁護士事務所は多額の和解金を提示して、示談に応じるよう申し入れてきた。権威におもねる判事もこれを飲むよう忠告する。

ギャルヴィンは主婦が入院中の病室を訪れる。昏睡中の主婦の哀れな姿を写真に撮っておき、それを突きつけてなるべくたくさんの示談金を引き出そうというのだ。1枚、また1枚とポラロイドでその主婦を撮影するギャルヴィン。これで楽に勝てる。思わず顔が綻んだ。しかし、そこで見たのは自力で呼吸することすらままならず、全身を機械で繋がれた生ける屍の姿だった。出産のためにただ病院に行っただけで全てを奪われた平凡な主婦。その姿を見つめるギャルヴィンの心に、忘れていた何かが蘇ろうとしていた。

関連記事

  1. E.T. The Extra-Terrestrial : E.T. (1982)

  2. Casino (1995) / カジノ

  3. Dances with Wolves (1990) / ダンス・ウィズ・ウルブズ

  4. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  5. The Hustler (1961) / ハスラー

  6. Johnny Got His Gun (1971) : ジョニーは戦場に行った

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。