Godfather Part II (1974) : ゴッドファーザー・パート2

『ゴッドファーザー PART II』(ゴッドファーザー パート ツー、原題: The Godfather Part II )は、1974年に公開されたアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラ。脚本はコッポラとマリオ・プーゾの合作。PG12指定。
『ゴッドファーザー』の続編だが、物語の時系列はやや複雑で、前作の後日談であると共に前日談に相当する。第一作でコルレオーネ・ファミリーを継承したマイケル・コルレオーネのその後を語ると同時に、若かりし頃のヴィトー・コルレオーネが力を手にして浮上していく様を丁寧に描き出す。

 ・ amazon : Godfather Part II (1974) : ゴッドファーザー・パート2

 ・ Apple : ゴッド・ファーザーPART2 (吹替版) – Francis Ford Coppola

 ・ Hulu : Godfather Part II (1974) / ゴッドファーザー・パート2

同年度のアカデミー賞では作品賞を含む9部門(そのうち助演男優賞部門では3人が候補になった)でノミネートされ、そのうち作品賞・監督賞・助演男優賞・脚色賞・作曲賞・美術賞を受賞した。

1993年にはアメリカ国立フィルム登録簿の保管作品に選ばれた。1998年にアメリカ映画協会が選んだ映画ベスト100中第32位、2007年に更新されたリストでは同じくベスト100中第32位にランクインした。

Godfather Part II (1974) / ゴッドファーザー・パート2のあらすじ

この映画では、二つの物語が同時進行で語られる。一つ目の物語の舞台は1958年から1959年で、前作『ゴッドファーザー』に続くマイケル・コルレオーネの姿が描かれる。もう一方の物語は1901年から1941年までの、マイケルの父ヴィトー・コルレオーネの在りし日の姿を描く。幼い頃にニューヨークに渡りコルレオーネ・ファミリーを築いていくヴィトーの物語が、現在のファミリーを守るために戦うマイケルの物語と交錯する。

関連記事

  1. The Wedding Banquet (1993) / ウェディング・バンケット

  2. American Graffiti (1973) : アメリカン・グラフィティ

  3. Air Port (1970) : 大空港

  4. Chinatown (1974) : チャイナタウン

  5. The Omen (1976) : オーメン

  6. Raging Bull : レイジング・ブル (1980)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。