One Flew over the Cuckoo’s Nest : カッコーの巣の上で (1975)

『カッコーの巣の上で』(カッコーのすのうえで、原題: One Flew Over the Cuckoo’s Nest)は、1975年のアメリカ映画。

原作は1962年に発表されたケン・キージーのベストセラー小説。精神異常を装って刑務所での強制労働を逃れた男が、患者の人間性までを統制しようとする病院から自由を勝ちとろうと試みるという物語である。

いわゆるアメリカン・ニューシネマの代表作の一つで、アメリカでは興行収入1億ドルを超える大ヒットになった。

 ・ Apple : カッコーの巣の上で(字幕版) – ミロス・フォアマン

1998年にアメリカ映画協会が選出したアメリカ映画ベスト100では20位に、2006年に選出した感動の映画ベスト100では17位に、2007年に選出したアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)では33位にランクインしている。

関連記事

  1. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  2. Taxi Driver : タクシー・ドライバー (1976)

  3. Talk Radio (1988) / トーク・レディオ

  4. The Verdict (1982) : 評決

  5. Mishima : A Life in Four Chapters (1985) / ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

  6. The Godfather Part I (1972) / ゴッドファーザー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。