The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

『存在の耐えられない軽さ』(The Unbearable Lightness of Being)は1988年制作のアメリカ映画。冷戦下のチェコスロバキアのプラハの春を題材にしたミラン・クンデラの同名小説の映画化。

・ amazon : The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

・ Youtube : The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さ

The Unbearable Lightness of Being (1988) / 存在の耐えられない軽さのあらすじ

舞台は、1968年前後のチェコスロヴァキアのプラハ。主人公トマシュ(ダニエル・デイ=ルイス)は優秀な脳外科医だが、複数の女性と気軽に交際するプレイボーイでもあった。ある日、執刀のために小さな温泉街に行ったトマシュは、カフェのウェイトレスで、写真家の道を志すテレーザ(ジュリエット・ビノシュ)に出会う。街から逃げ出したかったテレーザは、トマシュを追ってプラハに上京してくる。うぶそうに見えたテレーザの、思いがけない情熱にほだされたトマシュは、彼女と同棲生活に入り、まもなく結婚する。

社会主義からの自由化の空気の中で、まずは幸福な新婚生活が始まったが、すぐにトマシュに女の影がちらつき始める。一度遊んだ女には見向きのしないトマシュであったが、例外的な女もいた。自由奔放な画家のサビーナである。彼女とはお互いに束縛し合わない関係が長く続いており、彼女にも別に愛人がいた。

都市プラハで孤独に苛まれたテレーザは、毎晩悪夢に苦しむようになる。それでもトマシュのもとからは去ろうとしない。結婚生活が暗礁に乗り上げた頃、1968年8月20日、ソ連軍によるチェコスロヴァキア侵攻の夜が来た。 ソ連軍の戦車と、糾弾の声をあげる民衆の波に交じって、無心にカメラのシャッターを切るテレーザ。トマシュは彼女を守りつつ、群衆に交じってスローガンを叫ぶ。しかし次第に、チェコの民衆の声は弾圧され、再びソ連支配の重苦しい空気が流れていく。

トマシュはテレーザと共に、一足先に亡命していたサビーナ(レナ・オリン)を頼って、スイス・ジュネーブへと逃避する。テレーザはサビーナの紹介で、雑誌のカメラマンの職を得る。急速に仲を縮めるテレーザとサビーナをよそに、トマシュはサビーナとの逢瀬を続け、行きずりの女性とも関係を持つことをやめない。トマーシュの止まない女癖の悪さ、生きることへの軽薄さに疲れ果てたテレーザは、手紙を残して、愛犬を連れてひとりプラハへと帰っていく。「私にとって人生は重いものなのに、あなたにとっては軽い。私はその軽さに耐えられない。」

ようやくトマシュは失ったものの大きさに気づき、ソ連の監視の厳しいプラハへと戻る。2人はこの時はじめてお互いを理解しあった。自分の主義を曲げようとしないトマシュは医者の職を得られず、窓拭きの仕事に甘んじるようになる。やがて2人は、プラハを逃れ、地方の農村でつましくも幸福な生活を送っていたが、それも唐突に終わる―。

後日アメリカで暮らすサビーナのもとに、2人が交通事故で死んだことを知らせる手紙が届いた。三角関係の恋愛といえど、大切な2人の人間を失ったサビーナは、異郷で涙にくれるのであった。

関連記事

  1. Kiss of the Spider Woman : 蜘蛛女のキス (1985)

  2. Stand by Me (1986) / スタンド・バイ・ミー

  3. Videodrome : ビデオドローム (1982)

  4. Predator (1987) / プレデター

  5. Back to the Future : バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)

  6. The Graduate (1967) : 卒業

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。