Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

『ブルーベルベット』(Blue Velvet)は、1986年に制作されたアメリカ映画。監督・脚本は、デヴィッド・リンチ。

1950年代を髣髴とさせる、のどかな田舎町に潜む欲望と暴力が渦巻く暗部を、伝統的なミステリーの手法に則って暴き出しつつ、美しい芝生とその下で蠢く昆虫という導入部に象徴されるような善と悪の葛藤が描かれる。不法侵入や覗き見、性的虐待といった倒錯的行為が物語の重要な役割を果たしており、特に性的虐待の描写については公開と同時に論争を巻き起こしたが、結果的には興行的成功を収めることとなった。

 ・ amazon : Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

 ・ Hulu : Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

Blue Velvet (1986) / ブルーベルベットのあらすじ

父親の入院を期にジェフリー・ボーモント(カイル・マクラクラン)は大学を休学し、生まれ故郷である田舎町ランバートンに帰郷した。ある日、父親を見舞った帰りに野原を通りかかったジェフリーは、そこで切断された人間の片耳を発見する。

問題の片耳を父親の友人であるジョン・ウィリアムズ刑事(ジョージ・ディッカーソン)の元に届けたジェフリーは、それが縁でウィリアムズ刑事の娘サンディ(ローラ・ダーン)と知り合う。ウィリアムズ刑事の話を盗み聞きしたサンディによると、今回の事件には、ドロシー・ヴァレンズ(イザベラ・ロッセリーニ)なるクラブ歌手が関係しているらしい。

好奇心を覚えたジェフリーは事件解決の手がかりを得るため、サンディの協力で、ドロシーが暮らすディープ・リヴァー・アパートの710号室に無断で侵入する。クローゼットに身を潜めたジェフリーがそこで垣間見たのは、ドロシーが謎の人物フランク・ブース(デニス・ホッパー)と共に繰り広げる倒錯的な性行為の一部始終であった。

このことをきっかけに、ジェフリーは徐々に隠されていた世界へと引きずり込まれていく。

関連記事

  1. The Player (1992) / ザ・プレイヤー

  2. Mishima : A Life in Four Chapters (1985) / ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

  3. Amadeus (1984) : アマデウス

  4. The Natural (1984) : ナチュラル

  5. The Silence of Lambs (1991) / 羊たちの沈黙

  6. The Last Temptation of Christ (1988) / 最後の誘惑

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。