Robocop (1987) / ロボコップ

『ロボコップ』(RoboCop)は、1987年に公開されたアメリカ映画およびこの映画に登場する架空のサイボーグのニックネーム。殉職した警官の遺体を利用したサイボーグ警官「ロボコップ」が活躍するSFアクション映画である。主人公は人体と機械を合わせたサイボーグではあるが、物語上、開発した会社の思惑によりロボという言葉が冠せられている。

本作の人気により、続編の『ロボコップ2』や『ロボコップ3』が制作され、後にテレビシリーズやアニメ、アメコミなども製作された。

・ amazon : Robocop (1987) / ロボコップ

・ amazon prime : Robocop (1987) / ロボコップ (吹替版)

・ Youtube : Robocop (1987) / ロボコップ

・ Hulu : Robocop (1987) / ロボコップ

Robocop (1987) / ロボコップのあらすじ

舞台は近未来のデトロイト。かつて自動車産業で栄華を誇ったこの街は犯罪都市と化し、巨大コングロマリット企業『オムニ・コンシューマ・プロダクツ(OCP、通称オムニ社)』によって警察(民営化されていて警察官から一般職員に至るまで会社員)を含む街全体が支配されていた。
アレックス・マーフィ巡査(ピーター・ウェラー)は、一連の警官殺しにおける犯人とされ指名手配中のマフィアであるクラレンス一味を追っていた。マーフィはカーチェイスの末に一味の隠家を発見、潜入するも惨殺される。犯罪撲滅のため「警官のロボット化」を企画していたオムニ社は、死亡診断が下されたマーフィの死していない生体部分を部品として利用、彼をロボコップとして蘇らせる。
ロボコップは驚異的な性能で優秀な成果を上げ、街の治安は少しずつ取り戻されて行った。しかし、ロボコップ自身は人間だった頃の記憶の断片に悩まされ、ついには自分が何者であったかを知ってしまう。

関連記事

  1. Brazil (1985) : 未来世紀ブラジル

  2. Planet of the Apes : 猿の惑星(1968)

  3. Blade Runner (1982) : ブレード・ランナー

  4. The Fly (1986) / ザ・フライ

  5. The Postman Always Rings Twice (1981) : 郵便配達人は二度ベルを鳴らす

  6. Blue Velvet (1986) / ブルーベルベット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。