メジャーリーグ (1989) : Major League

メジャーリーグの弱小チーム建て直しのために集められた落ちこぼれ選手たちの活躍を描くベースボール映画。メジャーリーグベースボール(MLB)に実在する球団、クリーブランド・インディアンスを舞台にしたコメディー映画でもある。
続編に『メジャーリーグ2』、『メジャーリーグ3』がある。

監督:デヴィッド・S・ウォード
出演:トム・ベレンジャー、チャーリー・シーン、マーガレット・ウィットン、レネ・ルッソ、ウェズリー・スナイプス、コービン・バーンセン、ジェームズ・ギャノンほか。

amazon : メジャーリーグ (1989)
prime video : メジャーリーグ (1989)

・ dTV : メジャーリーグ (1989)
U-NEXT : メジャー・リーグ (1989)

NetFlix : メジャーリーグ (1989)
・ YouTube : メジャーリーグ (1989)

メジャーリーグ (1989)のストーリー

MLBに属するクリーブランド・インディアンスは34年も優勝から遠ざかっている弱小球団。亡き夫の跡を継いだ新オーナーのレイチェル(マーガレット・ウィットン)は1年の観客動員数が80万人を下回れば本拠地の移転が認められることを利用してマイアミ移転を目論む。そのために集められた選手は、球速は滅法速いがコントロールが恐ろしく悪いムショ上がりのチンピラ投手・リッキー(チャーリー・シーン)。足の速さはチーム一だが打撃はさっぱりのお調子者の外野手・ウィリー(ウェズリー・スナイプス)。ストレートは難なくホームランにするが変化球では空振りばかりのブードゥー教信者・セラノ(デニス・ヘイスバート)などメジャーとは名ばかりの訳ありの選手たちばかりだった。 その一人、ベテランキャッチャーのジェイク(トム・ベレンジャー)は、シーズン直前、恋人だったリン(レネ・ルッソ)に偶然出会う。彼女は既に別の男性と婚約していたが、ジェイクはなかなか諦めきれないでいた。
そんなチームはシーズンが始まっても低空飛行を続けていた。ところが、ある日、近眼を克服したリッキーの活躍で快勝し、チームに勢いがつき始める。60勝61敗となった日、チームはレイチェルの企みを知る。これに発奮した彼らは怒涛の快進撃を見せ、なんと同率で強豪ニューヨーク・ヤンキースとのワンゲーム・プレーオフに臨むのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Mishima : A Life in Four Chapters (1985) / ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

  2. Scarface : スカーフェイス (1983)

  3. Ordinary People : 普通の人々 (1980)

  4. The Terminator (1984) : ターミネーター

  5. Raging Bull : レイジング・ブル (1980)

  6. First Blood : ランボー (1982)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。